「患者さんの権利」に関する病院宣言」

◎患者さんは医療者と共に病気と対峙するパートナーであり、相互の信頼と協調の下に以下の権利を持つ。

1.患者さんは、思いやりのある丁重なケアを受ける権利を持つ。
2.患者さんは、人格的に尊重され、尊厳を持ってその生を全うする権利を持つ。
3.患者さんは、医師・医療従事者による充分な説明及びセカンドオピニオンを受け、治療を選択する権利を持つ。
4.患者さんは、そのプライバシーが尊重される権利を持つ。
5.患者さんは、より良い医療が行われるよう、職員が研修研鑽するよう期待する権利を持つ。
6.患者さんは、医療費の明細の報告を受けると共に、医療費と福祉の公的援助に関する情報を受ける権利を持つ。

上記精神にもとる行為や態度が私たち職員にあると思われる時には、「患者さまの声」又は医事課窓口にご意見をお寄せ下さい。

    社会医療法人 若竹会 経営理念と方針

    1.一人の人を大切にする慈愛の医療・福祉活動に徹する。
    2.一人の人の持つ無限の可能性を確信し、創造と挑戦による職員満足を目指す。
    3.職員は専門分野でのエキスパートを目指す。すなわち医学の研鑽、技術の練磨、
    知識と経験の習熟を果たす。
    4.病者・利用者の安心・安全を図るとともに、地域の信頼を得る。
    5.サービス業として、医療保健福祉活動の包括的展開を果たす。
    6.安定した経営が良質な法人事業を支えるという原則のもと、上記実践の為の適正
    収入を確保する。
    7.「患者さんの権利」に関する病院宣言を全職員が尊重し、実行する。

平成25年10月1日
社会医療法人 若竹会
理事長 竹島徹