薬剤部の業務【調剤】
 処方オーダリングシステムと薬剤管理指導支援システムにより、医師の処方した内容(薬の量、服用時間、服用方法、相互作用など)を、薬剤師がチェックし調剤しています。
 処方内容に疑問があれば、必ず医師に問い合わせをし確認しています。 一包化が必要な時には、全自動錠剤分包機と自動錠剤散薬分包機を用います。
薬剤部の業務【注射薬】
 注射オーダリングシステムと薬剤管理指導支援システムにより、医師の処方した内容(薬の量、服用時間、服用方法、相互作用など)を薬剤師がチェックし、患者様ごとに1日分ずつセットし、払い出しています。
 高カロリー輸液の混合調製は、薬剤部内のクリーンルームで行います。投与開始時間に合わせて、1日2回、混合調製をします。