抗がん剤混合
 2009年に外来化学療法室が開設されました。抗がん剤治療を受けられる患者様の注射薬は、薬剤師が投与スケジュール及び処方内容を確認した後に、無菌的に混合調製しています。
 2019年4月現在70レジメン登録され、各患者のスケジュールは薬剤部で作成した化学療法カレンダー(日本病院薬剤師会関東ブロック第38回学術大会にて発表)にて管理しています。
製剤
市販されていないが治療に必要である医薬品を、調製しています。
2019年4月現在、登録数は24種類です。【点眼薬・消毒薬・軟膏など】