チーム医療への参加
<チーム医療への参加>
薬剤師は医師、看護師、栄養士、理学療法士などの様々な職種との医療チームに参加し、回診やカンファレンスに関わることで、患者様に安全で適切な薬物療法が行われるように取り組んでいます。
NST(栄養サポートチーム):患者様の病態を考慮し、EBM(evidence-based medicine:エビデンスに基づく医療)に基づいた静脈、経腸栄養療法適正化の推進、輸液栄養療法を介した個々の患者様への薬学的ケアの提供を行っています。
褥瘡:褥瘡発生の予防、または入院前、入院後に発生した褥瘡の創部の評価、ケアの方針を決定し、早期の褥瘡改善、治癒を目指しています。薬剤師は月2回の回診にて褥瘡の創部の評価と、主に外用薬を選択し、提案します。
ICT(感染制御チーム):院内で起こる様々な感染症から患者様・家族・職員の安全を守るために活動を行う組織であり、病院全体の感染対策活動を行っています。薬剤師は週1回のラウンド業務、サーベイランス(調査監視)業務、発生時対策、抗菌薬使用状況の確認、職員教育、地域連携、院内感染対策指針・マニュアルの改訂等を行っています。
化学療法:安全に化学療法が実施できるように医師、看護師と連携を図っており、薬剤師は主にレジメン管理、患者スケジュールの管理、患者指導用パンフレットの作成・管理、曝露対策の推進を行っています。
輸血療法:院内における輸血管理と輸血業務を安全かつ適正に実施できるように設置された委員会であり、薬剤部は血液製剤の保管管理に加え、委員会事務局として問い合わせ対応や、輸血用血液製剤の使用記録の保管管理なども行っています。
骨粗鬆症リエゾンサービス:二次骨折の予防を目的として骨粗鬆症の予防と改善、及び骨折防止骨粗鬆症の治療の継続的支援を行っています。薬剤師は月1回の委員会の開催にて対象者の評価を行い、必要に応じて担当医へ薬物療法の開始を提言しています。
救急・災害対策:院内における一次救命技能の普及のための講習会や防災訓練の運営に関わり、災害発生時の医療支援チーム(AMAT)の隊員としても活動しています。
医療安全管理:院内で発生する様々なインシデント、アクシデントの原因分析や再発防止を目的とした活動に積極的に関わっています。薬剤部からは医療安全管理者(兼任)1名と医薬品安全管理責任者1名が医療安全管理委員会のメンバーとして活動しています。
学会発表

<学会発表>
学会などに参加・発表し、より良い業務が行えるように積極的に意見交換をしています。

2016年
第46回日本病院薬剤師会関東ブロック大会
「実りある薬薬連携の実践 ~がん化学療法を受ける患者さんのために~」
2017年
第47回日本病院薬剤師会関東ブロック大会
「薬剤による有害事象報告の一元管理を開始して」
第28回茨城県薬剤師学術大会
「当院における地域包括ケア病棟での薬剤師の関わり」
「薬剤師目線での安全パトロールを実施して」
2018年
第48回日本病院薬剤師会関東ブロック大会
「入院サポートセンターにおける薬剤師介入の現状と今後の展望」