循環器内科:CROSSER(クロッサー)による治療

循環器内科:CROSSER(クロッサー)による治療のご案内。

歩くと足が疲れやすくなる症状から始まり、最終的には足が壊死し(腐ってしまい)、最終的には切断しなければならなくなる恐れもある、下肢動脈閉塞に対して効果的な治療が可能となります。

詳細はこちらから