社会医療法人 若竹会 つくばセントラル病院

放射線治療棟 サイバーナイフセンター

〒300-1211 茨城県牛久市柏田町1589-3


Tel

Fax
029-874-7902(直通)
029-872-1771(代表)
029-874-7905
切らずに治す!最先端定位放射線治療サイバーナイフ

理事長挨拶

竹島 徹 Toru Takeshima
[略歴]
千葉大学医学部卒(1966年)
社会医療法人若竹会つくばセントラル病院 理事長
[専門分野]
消化器外科・外科
[所属学会]
日本胸部外科学会専門医、日本外科学会認定医、
日本消化器外科学会認定医、日本消化器外科学会暫定指導医



 当院は、「リハビリテーションセンター」「サイバーナイフセンター」など特徴ある医療施設を配す社会医療法人の認定を受けた病院です。
 良き治療、良き看護、生命の創造を掲げて医療と介護を充実させ、この度、がん治療に有効なサイバーナイフ治療を開始しました。導入に至ったきっかけは、これからますます増えるがん患者の効果的な治療法としてサイバーナイフが最適であると思ったからです。
 がんの治療法として外科的療法・化学療法・放射線治療の3つがありますが、著しい進歩をみせているのが放射線治療で、とりわけサイバーナイフは隔世の感があります。がん治療の目標は、根治、延命、緩和ですが、放射線治療はその全てに利用されています。理由として、がんを完治させる可能性があること。患者の負担が少ないやさしい治療法であって、高齢者に適応できること。局所療法のため副作用が少なく、それも大部分は治療後1ヵ月〜2ヵ月で治癒に達するからです。
 これから、ますますがんも高齢化し、将来的にはがんで亡くなる人の半分以上が80歳代になります。治療過程における患者のQOL(Quality of life)が重視されますので、その人らしく生きられるような治療法をこれからも追い求めてまいります。どうぞよろしくお願い致します。
 
背景

センター長挨拶

土田 幸広 Yukihiro Tsuchida
[略歴]
1990年 筑波大学医学専門学群卒
1997年 米国ロチェスター大学癌センター放射線腫瘍学教室に留学
2000年 筑波メディカルセンター病院脳神経外科医長
2006年 琉球大学医学部脳神経外科講師
2010年 総合守谷第一病院脳神経外科部長
2012年 つくばセントラル病院サイバーナイフセンター長
[専門分野]
脳神経外科専門医、がん治療認定医、がん治療暫定教育医、
日本医師会認定産業医
[所属学会]
日本脳卒中学会、日本脳腫瘍学会、日本放射線腫瘍学会、
日本脳神経外科学会、日本定位放射線治療学会、日本脳神経外科コングレス



 このたびサイバーナイフを担当させていただくこととなりました土田と申します。当院では、県南地域では初となるサイバーナイフを用いた定位放射線治療を開始致しました。当院に導入されたサイバーナイフはG4という最新機種で、オプション設定のロボット制御される治療台も装備されます。フルオプションでの導入は日本で2台目となり、より正確で迅速な治療が可能になります。私の脳神経外科医としての23年間の経験を最大限に生かし、患者様並びに患者ご家族の満足が得られるような治療を心掛けたいと思っております。
 近隣の諸先生方におかれましては、適応疾患の患者様がおられましたら是非当院にご紹介いただきますよう、心よりお願い申し上げます。ご紹介いただきました患者様が万が一サイバーナイフの適応でないと判断された場合でも、筑波大学放射線腫瘍科の先生方と相談の上、最善の治療を提案させていただきます。
 ご紹介いただいた患者様は責任を持って対応させていただきます。今までは県南地域では不可能であったサイバーナイフ治療が当地でも可能になったというメリットをどうか皆様にも最大限ご活用いただければ幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。
 
背景