産婦人科:茨城県牛久市

〒300-1232 茨城県牛久市上柏田4-58-1
TEL:029-875-3511 FAX:029-875-3533

トップ > 診療のご案内 > 診療科案内 > 産婦人科

産婦人科

当院では婦人科疾患は良性疾患(子宮筋腫、卵巣のう腫、子宮内膜症、性器脱など)を中心に、その方のライフスタイルや考え方にあわせた治療が選択できるようにと考え、保存的治療(お薬など)から手術療法(開腹手術、腹腔鏡下手術)まで対応しています。

産婦人科ホームページ

産婦人科 外来診療
 
午前 長田 佳世
◎担当医師
柴田 衣里
◎担当医師
◎子宮癌検診
田中 奈美
◎担当医師
◎女性漢方
◎子宮癌検診
小倉 絹子
◎担当医師
◎子宮癌検診
佐々木 怜子
◎担当医師
◎子宮癌検診
産婦人科担当医
◎子宮癌検診
午後 ◎子宮がん検診 ◎柴田 衣里
◎小倉 絹子
◎子宮癌検診
◎長田 佳世
◎田中 奈美
◎子宮癌検診
◎河野 圭子
◎中村 優子
◎柴田 衣里
◎田中 奈美
◎辻本 夏樹
◎蒲田 郁
◎子宮癌検診
 

◎…予約患者様のみ診療 ○…予約患者様優先で診察(当日受付も診察します)
[月~金]担当医師:妊娠初期
[木]中村医師:女性漢方外来
[木]河野医師:コルポ外来
[金]田中医師:性相談外来

産婦人科 医師
長田 佳世 (おさだ かよ)
長田 佳世 出身大学 筑波大学
専門
認定医
医学博士
日本産科婦人科学会専門医・指導医
母体保護法指定医・認定産業医
女性のヘルスケアアドバイザー
J-MELSベーシックコース・ディレクター
NCPR専門コースインストラクター
診療信条 1人1人の患者様の症状や訴えを真摯に受けとめ、その方にあった治療を一緒に考えていきたいと思っています。
田中 奈美 (たなか なみ)
田中 奈美 出身大学 大阪市立大学
専門
認定医
日本産科婦人科学会専門医・指導医
母体保護法指定医
日本性科学会認定セックス・セラピスト
国際認定ラクテーション・コンサルタント
NCPR専門コースインストラクター
診療信条 患者様が常に最良の選択ができるように多くの引き出しを持つこと。
柴田 衣里 (しばた えり)
柴田 衣里 出身大学 筑波大学
専門
認定医
医学博士
日本産科婦人科学会専門医・指導医
日本女性医学学会認定女性ヘルスケア専門医・指導医
診療信条 受診された方が、御自分の健康について考え、御自分の健康に責任をもつためのお手伝いをしたいと思っております。
小倉 絹子 (おぐら きぬこ)
竹島 絹子 出身大学 筑波大学
専門
認定医
医学博士
日本産科婦人科学会専門医・指導医
母体保護法指定医
日本周産期新生児学会周産期専門医(母体・胎児)
日本東洋医学会漢方専攻医
趣味 山登り
佐々木 怜子 (ささき さとこ)
佐々木 怜子 出身大学 東邦大学
専門
認定医
日本産科婦人科学会専門医
日本女性医学学会認定女性ヘルスケア専門医
蒲田 郁 (がまだ いく)
蒲田 郁 出身大学 秋田大学
専門
認定医
日本産科婦人科学会専攻医、他
ひとこと 茨城に来て5年目になりました。住みやすくて年々愛着が増しています。どうぞよろしくお願いいたします。

研究に関する情報公開(オプトアウト)

 当院では、臨床研究を行う際に原則として文書もしくは口頭で十分に説明を行い、同意をいただいたうえで実施します(この方法を「オプトイン」といいます)。
 臨床研究のうち、患者さんへの侵襲や介入もなく診療情報等の情報のみを用いた研究や,余った検体のみを用いる研究については、国が定めた倫理指針に基づき、対象の患者さんから直接同意をいただく代わりに、研究の情報をホームページ等で公開し、更に拒否の機会を保障する方法があります。このような手法を「オプトアウト」といいます。学会等で研究が公表される際には、患者さまの氏名や住所などの情報は削除し、個人が特定されることのないようにいたします。
当科でのオプトアウトを用いた臨床研究は下記となっております。
 これらの研究にご自身の診療情報を使用してほしくない場合は、このページ下部の問合せ先または該当の研究責任者にお問合せください。研究に参加をしないことを理由に、以後の診療において何ら不利益を受けることはありません。ただし、すでに論文として報告してしまったものについては、ご希望に添えない場合がございます。
 当院における医学研究への向上、貢献にご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

日本における新型コロナウイルス感染妊婦の実態把握のための多施設共同レジストリ研究
当院における子宮動脈塞栓術(UAE)の臨床成績


当科におけるグループ診療と多職種協働について

 当院産婦人科では、グループ診療制と多職種協働を推進しています。

つくばセントラル病院産婦人科診療におけるグループ診療制と多職種協働について

診療一覧

ページのトップへ戻る