神経内科:茨城県牛久市

〒300-1232 茨城県牛久市上柏田4-58-1
TEL:029-875-3511 FAX:029-875-3533

トップ > 診療のご案内 > 診療科案内 > 神経内科

神経内科

神経内科は脳や脊髄、神経、筋肉の病気をみる診療科です。頭痛、めまい、手足のしびれ・痛み、感覚が鈍い、手足に力がはいらない、もの忘れ、意識がなくなる等の症状になります。

神経内科 外来診療
 
午前 ◎高橋 良一 ○高橋 良一   ○高橋 良一 ○渡邊 雅彦 ○望月 昭英
午後     ○林 明人      

◎…予約患者様のみ診療 ○…予約患者様優先で診察(当日受付も診察します)都合により変更となる診療科がありますので、ご確認のうえご来院ください。
[月]高橋医師:認知症外来
[水]林医師:午後2時30分診察開始
認知症外来は予約が必要です。

神経内科 常勤医師
髙橋 良一 (たかはし りょういち)
神経内科医長
専門分野
資格
アルツハイマー病、パーキンソン病
医学博士、日本神経学会神経内科専門医、日本内科学会認定医
診療の概要

 脳、脊髄、末梢神経、神経筋接合部、筋肉の異常を診断、治療しています。脳血管障害(脳梗塞、脳出血)、感染症(脳炎、髄膜炎)、自己免疫疾患(多発性硬化症、重症筋無力症、ギラン・バレー症候群)、変性疾患(アルツハイマー病、パーキンソン病、脊髄小脳変性症)、中毒、代謝性疾患など神経内科で扱う疾患は多様な原因によって起こります。頭痛、めまい、手足のしびれ、もの忘れなどの症状で来院される患者さんが多いです。
 神経疾患を診断するに当たり、問診による病歴聴取と系統的な神経診察といった古典的技能を大切にしています。この両者を丁寧に行い、病気の性質や病変部位を推定することにより、正確な診断を行うことができます。MRIなどの検査のみでは、限られた情報しか得ることができません。月曜日にもの忘れ外来を開設し、認知症の初期診断にも力を入れています。アルツハイマー型認知症、血管性認知症、レヴィー小体型認知症など代表的な疾患の診断、治療のほか、治療可能な認知症を来す疾患についても診断を行っています。
 当科では血液・髄液検査、画像検査(頭部MRIなど)、電気生理検査(神経伝導検査など)、神経・筋生検といった検査を参考にして最終的な診断を行います。治療は薬物療法が主体で、手術を要する疾患は脳神経外科・整形外科といった適切な診療科に御紹介致します。診断には注力していますが、脳神経領域は未知の部分が多い分野で、原因が特定できない疾患や治療法が確立していない疾患が数多くあります。そのような場合も、対症療法を検討いたします。

診療一覧

ページのトップへ戻る