生理機能検査室

心電図検査

   

 

【安静時心電図検査】

検査説明 心臓が動くときに発生する電気的な興奮を波形として記録したもので、動悸・脈の乱れ・胸痛等の診断を行うための検査です。ベッドに仰向けになり、手首・足首・胸に電極をつけて記録します。入院時や手術の前にも行われます。
所要時間 約1〜2分
注意事項 上半身の服は薄着になり、靴下はくるぶしまで下ろします。ストッキングやタイツの場合は脱いでいただきます。力が入ってしまうと上手く記録できないため、全身の力を抜いて楽にして下さい。

 

【自律神経検査(CVR-R)】

検査説明 ベッドに仰向けになり手首・足首・胸に電極を装着後、安静時の心電図を記録します。次に担当技師の声掛けに合わせて1分間深呼吸をしていただきながら同時に心電図を記録します。安静時と深呼吸時の心拍数の変動を調べることにより、自律神経の状態を調べることができます。
所要時間 約5〜10分
注意事項 検査中は体を動かさないようにして下さい。自律神経の調節機能が異なるため、検査中は眠らないようにして下さい。

負荷心電図検査

【マスター2段階試験】

検査説明 心電図電極と血圧測定用のカフ(圧迫帯)を装着し、2段の踏み台を昇降する検査です。この際、年齢・性別・体重により決定した回数を数分間昇降し、負荷前後の心電図と血圧を記録します。
所要時間 約10〜15分
注意事項 検査中に胸痛などの違和感を感じた場合は申し出て下さい。

日常生活で足腰に痛みがある場合や歩行困難な方は事前にお知らせ下さい。

 

【トレッドミル負荷試験】

検査説明 心電図電極と血圧測定用のカフ(圧迫帯)を装着し、速さや傾斜の変化するベルトコンベア(トレッドミル)の上で歩行〜ジョギングを行い、心電図や血圧にどのような変化が起こるかを調べる検査です。循環器内科の医師立ち合いのもと行います。
所要時間 約20〜30分
注意事項 検査中に胸痛などの症状が出現した場合は申し出て下さい。

日常生活で足腰に痛みがある場合や歩行困難な方は事前にお知らせ下さい。

 

【起立試験】

検査説明 ベッドに仰向けになり心電図電極と血圧測定用のカフ(圧迫帯)を装着し、安静時の心電図と血圧を記録後、10分間起立した状態で心電図と血圧に変化が無いかを調べる検査です。起立時のめまいや立ちくらみ等の起立性調節障害の判定に用いられます。
所要時間 約20分
注意事項 検査中は出来るだけ動かないように立ち、会話も控えて頂きますようお願いします。

ホルター心電図検査

検査説明 日常生活における心電図の変化を見るために、携帯型の心電計を装着し長時間(基本的には24時間)の心電図を記録する検査です。時々しか出現しない不整脈や自覚症状のない発作など、通常の心電図検査では記録できなかった波形の変化を捉える事を目的としています。胸に心電図のシール電極と専用レコーダーを装着し記録します。
所要時間 レコーダー装着時間:約10分、検査時間:約24時間
注意事項

検査中はいつもと同じ生活をして下さい。症状の有無、就寝・起床時間・運動した時間等の行動記録をメモしていただきます。機械は完全防水のためシャワーや10分程度の入浴は可能です。
レコーダー装着と取り外しのため、2日間連続して来院していただきます。

CAVI/ABI検査(動脈硬化検査)

          

 

検査説明 両腕と両足首に血圧測定用カフ(圧迫帯)を巻き、手首に心電図電極、胸に心音マイクを装着します。腕の血圧と足首の血圧の比により、下肢血管の狭窄の程度(下肢閉塞性動脈硬化症)を評価します。また心臓の拍動が血管を伝わる速さを調べ、動脈壁の硬さを推測することができます。
所要時間 約10〜15分
注意事項 検査中は両腕と両足首に多少の圧迫感を感じますが、出来るだけ力を抜いて動かない様にして下さい。また、検査中の会話はお控え頂きますようにお願いします。

皮膚還流圧検査(SPP検査)

検査説明 皮膚表面の小さな血管内の血液の流れを調べる検査です。血流を調べたい場所(主に足底)にセンサと血圧測定用カフ(圧迫帯)を巻いて検査します。カフに少しずつ空気を入れて圧をかける事で皮膚表面の血流を遮断したあと、徐々に圧を緩めて血流が再び戻った時の圧を測定します。
所要時間 約40〜60分
注意事項 測定中に動くと(会話も含む)正確な結果が得られないため、安静な状態で検査できるようご協力をお願いします。
page top