令和2年度 つくばセントラル病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 174 29 118 174 277 326 538 953 728 239
当院では急性期病院として様々な年齢層の患者様に医療を提供しております。
0~の区分が高くなっているのは、産婦人科があり、出産後の新生児が入院している為です。
また、60歳以上の患者様の占める割合が約7割となっており、比較的ご高齢の患者様が多い傾向にあります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx9900xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 54 17.81 11.04 14.81 72.85
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 51 33.31 20.51 9.8 84.86
110280xx03x0xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2なし 44 3.3 4.51 2.27 65.89
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 32 5.53 8.15 3.13 64
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 30 21.8 17.23 3.33 83.63
「慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全」が多い傾向にあります。
当院では、長い年月をかけて腎臓の働きがゆっくりと悪くなる慢性腎不全の患者様が多く、対症療法として人工透析を行っています。
また、誤嚥性肺炎や心不全の疾患の入院も受け入れており、平均年齢が80歳以上と高齢の患者様が多くなっています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 33 2.27 4.44 0 71.03
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 15 27.33 17.23 6.67 85.4
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 14 2.29 3.07 0 72.93
- - - - - - -
- - - - - - -
狭心症や心不全の患者様が多い傾向となっています。
狭心症は、冠動脈が狭くなって血の巡りが悪くなったり、心臓が酸素不足となり胸が痛むなどの症状があります。
当院では、経皮的冠動脈形成術や経皮的冠動脈ステント留置術などの治療を行っており、
これらは短い入院期間で治療が可能なため平均在院日数が全国平均よりも短くなっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 110 5.69 6.13 2.73 0
140010x197x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術あり 手術・処置等2なし 45 6.67 8.37 4.44 0
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし - - 11.19 - -
140010x297x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術あり 手術・処置等2なし - - 15.15 - -
14031xx19900xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - 8.14 - -
当院では、産婦人科があるため、出産に伴って発生した新生児疾患が多い傾向にあります。
上記での「妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害」=新生児疾患となっています。
新生児疾患には、新生児黄疸や新生児呼吸障害、低出生体重児などがあります。
重篤な新生児疾患の徴候が認められた場合、地域連携により新生児集中治療室(NICU)を有する病院へ速やかに搬送します。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx010xxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等1なし 51 6.96 10.30 0.00 59.82
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 49 2.53 4.86 0.00 69.82
090010xx02xxxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 31 2.10 6.02 0.00 57.03
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 19 3.79 6.41 0.00 59.84
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 11 3.91 5.44 0.00 30.55
外科で多い疾患のうち1位と3位が乳がんとなっています。同じ部分切除術ですが、1位は腋のリンパ節に転移があるためそこも切除しています。手術後は、外来で化学療法やホルモン療法を行う患者様が多いです。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 74 42.91 18.81 2.70 81.76
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 28 46.86 25.09 3.57 81.54
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 18 5.56 5.18 0.00 62.89
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2なし 16 18.88 20.40 0.00 64.94
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし 15 15.13 16.10 0.00 74.20
整形外科で最も多いのは胸椎や腰椎の骨折、続いて股関節・大腿近位の骨折となっています。これらの原因のほとんどは骨粗しょう症です。
骨粗しょう症は加齢や食生活により骨密度が低下した状態を指します。骨密度が低下すると骨折のリスクが高まる為、カルシウムを十分に摂るなどの予防策が重要となります。
当院では治療後に回復期リハビリテーション病棟でリハビリを行うことが多い為、平均在院日数は全国平均よりも長い傾向にあります。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 19 11.42 15.64 5.26 66.63
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 18 10.67 12.04 0.00 82.17
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1あり 16 2.00 2.04 0.00 49.63
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 14 26.07 15.54 0.00 71.64
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 13 35.62 18.86 0.00 59.92
1位と4位に脳梗塞が入っています。1位はエダラボンというお薬を使用した患者様、4位はエダラボンは使用せずリハビリを中心に行った患者様です。
脳梗塞は早期に適切な治療を受けないと後遺症が残ってしまいます。ふらつき、嘔吐、ろれつが回らないなどの症状が出た場合は早急に医療機関を受診することが重要です。
当院の脳神経外科は整形外科と同様、治療後に回復期リハビリテーション病棟でリハビリを行うことが多い為、平均在院日数は全国平均より長くなっています
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 36 8.94 9.45 0.00 31.67
120140xxxxxxxx 流産 35 2.11 2.42 0.00 33.71
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 手術なし 31 3.23 5.39 0.00 32.65
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 14 9.14 9.57 0.00 46.07
120165xx99xxxx 妊娠合併症等 手術なし 14 8.14 11.19 0.00 28.43
胎児及び胎児付属物の異常が第1位となっています。このDPC名称には、羊水の障害や前期破水など多様な疾患が含まれています。
妊娠性糖尿病に関しては、入院による血糖コントロールと栄養指導を行っています。
妊娠合併症等には悪阻や妊娠中に発症した子宮内感染症などが含まれており、当院では悪阻が大半を占めています。
平均在院日数は全体的に全国平均より短い傾向にあります。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 58 3.03 2.76 0.00 76.03
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり両眼 41 3.37 4.95 0.00 74.56
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり - - 3.22 - -
020220xx97xxx0 緑内障 その他の手術あり片眼 - - 5.79 - -
160250xxxx0xxx 眼損傷 手術・処置等1なし - - 4.88 - -
白内障にて入院される患者様が大多数となっています。
白内障とは目の中のレンズの役割をする水晶体が濁ってしまう病気で、加齢に伴って発症する場合が一般的です。
その為、平均年齢が高い傾向にあります。
腫瘍放射線科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx9903xx 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 63 6.46 17.29 20.63 68.13
180050xx99x1xx その他の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等21あり - - 13.46 - -
040040xx9902xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり - - 21.47 - -
010010xx9900xx 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし - - 11.50 - -
010010xx97x4xx 脳腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等24あり - - 46.13 - -
頭部の悪性腫瘍に対する放射線治療を行う患者様が主となっています。
当院ではサイバーナイフによる治療を行っています。
サイバーナイフとは放射線を集中的に腫瘍に照射可能な高エネルギー放射線装置で、これにより短期間で副作用の少ない治療が可能となっています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 229 3.82 5.67 1.31 60.66
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 57 7.46 8.52 0.00 73.6
11012xxx04xxxx 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 51 1.1 2.66 0.00 50.16
110420xx02xx0x 水腎症等 経尿道的尿管ステント留置術等 定義副傷病なし 47 1.83 4.13 0.00 71.09
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 43 1.02 2.54 0.00 71.67
1位と3位は腎臓や尿管に発生する結石となっています。
治療法としては、体外から衝撃波を照射したり尿道から内視鏡を入れたりして石を粉砕します。術創が小さく済み、短期間での入院加療が可能となっています。
2位の前立腺肥大症も同様に内視鏡での治療がメインとなっている為、泌尿器科の平均在院日数は短い傾向にあります。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110050xx97x00x 後腹膜疾患 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 29 4.00 8.65 0.00 69.00
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 27 15.63 9.53 0.00 79.30
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 18 27.78 20.51 0.00 80.72
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 18 21.72 11.63 0.00 74.50
060340xx99x0xx 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術なし 手術・処置等2なし 17 11.06 9.76 0.00 74.82
当院では、後腹膜疾患の殆どが腹膜播種となっています。
腹膜播種の進行によりお腹に水が溜まりやすくなる(腹水)為、濾過濃縮再静注法にて余計な水分やがん細胞などの不要な物質を除去する必要があります。
また、腹水は抜いても再発することが多く、繰り返しの治療が必要となります、
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 14 - - - - - 1 8
大腸癌 - - - 13 - 18 1 8
乳癌 29 30 - - - 11 1 8
肺癌 - - - - - 10 1 8
肝癌 - - - - - 13 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
「定義」
初発とは初めてがんが発見された場合や、がんに対し最初に立てた計画に沿って治療を行っている場合を指します。再発とは治ったがんが再度出現した場合(転移含む)や、最初に立てた治療計画では結果が出ず治療方法を変更した場合を指します。
「解説」
乳がんの場合はセルフチェックや検診で早期発見が可能な為、がんが乳房に留まっているstageⅠやⅡの患者さんが多くなっていると考えられます。一方、大腸がんは進行しないと症状が出ないことが多いため、乳がんに比べてstageが高くなっています。がんは早期発見が出来れば治る病気ですので人間ドックや健康診断などを積極的に受けることが重要になります。
また、当院には緩和ケア病棟があるため、初発に比べて再発の患者数が多い傾向にあります。緩和ケア病棟では患者様の精神的・肉体的な痛みを軽減し、その人らしい生活を送れるようサポートをしています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 13 18.54 80.69
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
平均在院日数は約18日、平均年齢は約80歳と高齢の患者さんが多い傾向にあります。
成人市中肺炎の重症度は、「成人市中肺炎診療 ガイドライン(日本呼吸器学会に)」による重症度分類(A-DROPスコア)を用いて分類しています。
A-DROPとは5つのチェック項目の頭文字をつなげたもので、該当する項目数により簡便に治療環境を判別できるようになっています。
中等症は項目が1つ、または2つの項目が当てはまる場合となっています。

「A-DROPスコア」
〇A(Age;年齢):男性70歳以上、女性75歳以上
〇D(Dehydration;脱水):BUN(尿素窒素) 21mg/dL以上、または脱水あり収縮期血圧90mmHg以下
〇R(Respiration;呼吸):SpO2(酸素飽和度) 90%以下(PaO2〈動脈血酸素分圧〉 60Torr以下)
〇O(Orientation;見当識):意識障害あり
〇P(Pressure;血圧):血圧(収縮期)90mmHg以下
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 88 36.56 76.86 8.49
その他 18 67.11 72.83 2.83
脳梗塞は発症後、症状(麻痺・呂律が回らない等)が急速に進行する為、発症3日以内に入院して治療する患者様が多くなっています。
当院では急性期治療終了後、回復期リハビリテーション病棟へ転棟し、発症前と同じ日常生活が送れるようにリハビリテーションを行います。
他院で治療終了後にリハビリテーション目的で転入される患者様も少なくありません。
他院と地域連携パスを用いて連携を行い、継続的な脳卒中治療に努めています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術(内シャント造設術)(単純) 24 2.71 4.29 4.17 66.13
K616-42 経皮的シャント拡張術・血栓除去術(1の実施後3月以内に実施) 19 0.05 1.95 0.00 63.53
K616-41 経皮的シャント拡張術・血栓除去術(初回) 18 0.28 1.89 0.00 70.94
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K6072 血管結紮術(その他) - - - - -
透析患者様が含まれるため、透析に関する手術が多くなっています。
透析を行う際、血液を静脈から取りますが、静脈は圧が低く血流も少ない為、そのままでは上手く透析が行えません。腕にある静脈と動脈をつなぎ、動脈から静脈へ圧力のある大量の血液を流すことで透析をしやすくします。この手術を内シャント設置術といいます。
このシャントに閉塞や狭窄が起こった時に、血流を改善させるため、経皮的シャント拡張術・血栓除去術を行います。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 26 0.69 1.23 0.00 69.00
K5481 経皮的冠動脈形成術(高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテル) - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
経皮的冠動脈ステント留置術が最も多い手術となっています。術後は約2日で退院となり、平均年齢比は69.00歳です。
経皮的冠動脈ステント留置術は主に狭心症、心筋梗塞に対して行う治療です。
詰まっているもしくは詰まりかけた冠動脈をバルーン(風船)で広げた後、ステントという金網を内側にはります。
3位の四肢の血管拡張術・血栓除去術は、下肢閉塞性動脈硬化症に行う治療です、
当院ではカテーテル治療が困難と言われた患者さんでもCROSSERと呼ばれる道具の振動波で硬化した血管を崩す治療も行っています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 47 0.00 5.98 2.13 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) - - - - -
原因のいかんを問わず、新生児にみられる呼吸循環不全を主徴とする症候群を新生児仮死といいます。
症状としては呼吸障害、循環障害、筋緊張の減弱、痙攣、異常代謝などがあります。
新生児仮死に対しては救命のため、ならびに神経障害を最小限にとどめるため、速やかに蘇生措置を施す必要があります。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 43 0.12 1.40 0.00 70.58
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 31 0.03 1.06 0.00 57.03
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 25 0.04 5.32 0.00 60.64
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 25 0.20 2.84 0.00 61.48
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 18 0.11 7.33 0.00 62.22
ヘルニア手術(鼠径ヘルニア)は、患部を切開し、脱出した部分を元に戻したあと、また出てしまわないようメッシュなどで補強します。
1日~2日で退院される患者様がほとんどです。
2~3位は乳腺悪性腫瘍手術が占めており、部位や進行度によって治療範囲が異なります。

脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 22 1.05 11.23 0.00 80.55
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K1742 水頭症手術(シャント手術) - - - - -
最も多い手術は慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術です。
転倒等による外傷で脳内に血腫ができ、脳が圧迫されたことにより運動麻痺や認知症状が出現した場合に行うことが多いです。頭蓋骨に小さな穴を空け、そこから血腫を取り出し洗浄を行います。脳の手術ではありますが、術創が小さいため術後日数約12日での退院となります。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 33 1.21 6.55 0.00 32.09
K9091イ 流産手術(妊娠11週までの場合)(手動真空吸引法によるもの) 31 0.06 1.00 0.00 33.94
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 17 1.82 7.00 0.00 29.53
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) 13 1.00 2.08 0.00 45.69
K877 子宮全摘術 12 1.83 6.75 0.00 47.42
帝王切開術は子宮を切開して胎児を娩出させる手術で、ハイリスク妊娠が増えたこと、児に対してより安全性を求めるようになったことで、近年徐々に増加傾向にあります。
当院では、母体、胎児の安全のため、経腟分娩が不可能ないしは危険であると判断した場合は緊急帝王切開に切り替えています。
また子宮筋腫に対しては血管塞栓術を行っています。子宮筋腫に栄養している血管に塞栓物質を入れて、栄養を絶ち、筋腫の縮小を促します。経皮的手術のため、開腹手術に比べて患者様の体への侵襲性も低く、術後は2~3日となっております。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 97 0.55 1.65 0.00 75.62
K224 翼状片手術(弁の移植を要する) - - - - -
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -
最も多い手術は白内障に対するものです。加齢により発症することが多いため、平均年齢は76歳と高くなっています。
視力低下の原因となっている混濁した水晶体を除去し、眼内レンズを挿入します。
外来で手術対応も可能であり、入院する場合は片眼のみだと1~2日となっております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 227 1.48 2.37 2.20 61.04
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 73 0.45 2.49 2.74 71.25
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 52 0.00 0.12 0.00 50.35
K841-21 経尿道的レーザー前立腺切除術(ホルミウムレーザー) 46 2.43 6.15 0.00 73.96
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 41 1.00 3.29 0.00 73.00
腎尿管結石に対しての手術症例が多くなっております。
石を小さくすることにより自然排石が見込める場合には、体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(ESWL)という手技も選択できます。これは1日の入院で治療でき、患者様の身体的負担も少ない手技となっています。当院で最も手術症例が多いのは経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの)です。これは尿道から内視鏡を挿入し、腎や腎盂、尿管内にある結石をレーザーを用いて粉砕します。粉砕した石はワイヤーカテーテルなどを用いて摘出します。
当院では、術後の排尿障害などを防止するため数日間、尿管ステントを留置しています。
この手術症例での入院期間は平均して3日となっています。
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 29 1.10 1.90 0.00 69.00
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 17 3.76 8.71 0.00 77.88
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 11 8.00 22.64 18.18 76.36
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 10 0.90 5.00 0.00 70.70
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
消化器内科で最も多い手術は、胸水・腹水濾過濃縮再静注法という手術です。当院では腹水症の患者さんに対しての施行症例がほとんどです。
腹水とは悪性腫瘍などで傷ついた内臓が炎症を起こし、細胞間から腹膜内に滲み出た血液や水分が溜まりすぎた状態をいいます。そのままにしておくと溜まりすぎた腹水による圧迫で内臓や肺を圧迫して様々な苦痛症状が現れます。
この治療は、専用のバックに腹水を抜き、ろ過装置を使って悪性物質や余分なものを取り除いて綺麗にした後、再びお腹に戻すものです。術後は腹部の圧迫感もなくなります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 13 0.37
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
表の中では、主な治療対象が入院の原因となった疾患と同じなら「同一」、違うなら「異なる」と定義しています。
播種性血管内凝固症候群(以下,DIC)の場合、「異なる」が多くなっています。
これは、DIC自体が、様々な基礎疾患が原因となり発症する疾患であり、当院でもがんや細菌感染等で入院してきた患者様が入院後にDICを発症するケースがみられる為です。
更新履歴
2021年9月27日
令和2年度 病院指標 公開