血管造影撮影室で行っていること

 

 検査はカテーテル施行医(放射線科医・循環器医・腎臓内科医・脳神経外科医)のほか、看護師、臨床工学技士、診療放射線技師など様々なスタッフが協力して行います。
 血管造影検査とはカテーテルという細い管を動脈や静脈に挿入し、造影剤という薬を注入して撮影する検査です。腫瘍や血管の病気(狭窄・閉塞)の診断を行います。また腫瘍の栄養血管を塞栓したり、狭い血管を拡張させたりする治療をIVR(Interventional Radiology)といいます。X線透視装置を用いて、透視下でカテーテルを目的部位まで進め造影剤を注入して目的の血管を観察します。血管造影では造影剤を使用する前の画像と造影剤を入れた画像をサブトラクション(引き算)して血管のみを描出するDSA(digital subtractionangiography)を行います。

 

 

「PHILIPS社製 Allura Xper FD20」

 

 

 

腹部領域

TACE(肝動脈化学塞栓療法)

腫瘍(肝細胞癌)に栄養を供給する肝動脈に、抗癌剤を混ぜた塞栓物質を注入して、腫瘍細胞を壊死させる治療法です。
選択的にアプローチでき、同時に複数個所の治療が可能です。

 

UAE(子宮動脈塞栓術)

両側の子宮を栄養する動脈(子宮動脈)を造影剤に混ぜた塞栓物質(エンボスフィア)を注入して、筋腫の血流を止める治療法です。
血流が止まることで酸素の供給が絶たれた筋腫は組織が死んで縮小することにより症状の改善が見られます。
正常な子宮は子宮動脈以外の動脈からの血流があり、一時的に血流が足りない状態になりますが、やがて回復します。

 

心血管領域

PCI(経皮的冠動脈形成術)

心臓の血管(冠動脈)で狭くなった部分を広げる治療です。これにより血流が増えて、狭心症などの症状を改善させます。
狭くなった血管に内側からバルーンと呼ばれる風船で拡げたり、ステントと呼ばれる金属で出来た網目状の筒を留置します。

 

 

PPI(経皮的下肢動脈形成術)

心臓の冠動脈に対する治療と同じように、下肢の動脈閉塞に対してもバルーンやステントで治療します。
心臓の治療とは違い、手首からのカテーテル挿入はできません。多くは鼠径部からカテーテルを挿入することになりますが、症例によっては肘や膝から挿入する場合もあります。

 

 

バスキュラーアクセス領域

VAIVT(経皮的バスキュラーアクセス拡張術)

血液透析を行うには、まずシャントが必要となります。
シャントとは、静脈を動脈に縫い合わせて繋ぐことにより、動脈血を直接静脈に流す手術です。
シャントが閉塞や狭窄すると、十分な血流が取れず、透析率が落ち時間がかかったりするようになります。
短時間に治療ができるため、シャントの作り直しに比べ身体面の負担が少ない手術です。

 

 

 

 

検査・治療を安全に行うために

血管造影検査では、検査・治療前にタイムアウトを行っております。
検査・治療の安全性を保つために検査に携わるスタッフで、お名前・検査目的等を確認させていただいております。
検査前にお名前など伺いますことにご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。