医療法人つくばセントラル病院|診療科のお知らせ
麻酔科
麻酔の種類-全身麻酔
診療科のお知らせ
乳腺科
泌尿器科
麻酔科
歯科口腔外科
放射線科
整形外科
脳神経外科
外科
眼科
皮膚科
消化器内科

トップページ
ホームページ
 麻酔の種類-全身麻酔
麻酔はいくつかの方法がありますが、手術の部位や患者様の状態に応じて、患者様と御相談の上、決めさせていただいています。

【全身麻酔】
全身麻酔は痛みを感じる部位である脳に麻酔をかけることです。意識を無くして痛みを感じなくなります。多くの場合呼吸も抑制されるので、気管にチューブを挿入して人工呼吸をします。このチューブは麻酔がかかり意識が無くなってから挿入し、手術が終わってまだ朦朧としている間に抜いてしまいますから、患者様はこのチューブが入っている状態は覚えていません。手術後に咽喉がいがらっぽい感じがしたり擦れて痛い感じがしたりする事があります。
全身麻酔はガス麻酔と静脈麻酔があります。調節がしやすいという点からガス麻酔が主流ですが、調節性の良い静脈麻酔も広く使われるようになっています。
小学生以下の小児の手術と顔面・胸部・上腹部手術では原則として全身麻酔で行っています。長時間の手術や広範囲の手術の場合にも次に述べる硬膜外麻酔に併用する形で全身麻酔を使います。
お酒に強い人は麻酔の効きが悪いのじゃないかと御心配する場合があるようですが、ガスの麻酔に関しては、肺から吸入して脳に直接効いてしまうのでお酒の強さに関係しないようです。静脈麻酔のほうが多少の個人差があるようです。それとても効きが悪くて眠らないというような状況は経験がありません。
また途中で麻酔が切れることはないかとのご質問もよくお受けします。手術の途中で全身麻酔から覚めてしまうことは原則としてはありません。でも、手術中の状況によって麻酔を薄くしないと危険な場合があり、覚醒している可能性よりも生命の危険回避を優先する場合があります。そんな場面でも大概の患者様はそのことを覚えていないことが多く、目が覚めている、そして痛い、なのにその事を訴えることもできないというような状況にはならないようです。
一方、永遠に麻酔から覚めない可能性もご心配ですよね。麻酔の薬は患者様が生きていれば必ず代謝されて効果は無くなります。でも手術後意識が回復しないという状況も皆無ではありません。その場合は手術中に意識障害を起してしまう様な何か大変な出来事が起こってしまった結果であり、麻酔から覚めないわけではないのです。
そんな事があっては一大事。麻酔科・外科・手術室スタッフ一同で心して手術中の患者様の安全確保に努めています。

Copyright © Tsukuba central hospital.All rights reserved.