開院のご案内

 このたび、旧土浦協同病院救急センター跡地に『土浦リハビリテーション病院』『介護医療院』を開院することになりました。 土浦市西並木の都和病院(医療療養・42床)は移転・回復期リハビリテーション病棟34床と地域包括ケア病床8床に転換を行い、茨城県では初の新設となる介護医療院(96床)を併設致します。

 設置主体であるつくばセントラル病院(牛久市)のバックアップ体制を受け、隣接する介護老人保健施設セントラル土浦との連携を強化させ、土浦市の地域の医療・福祉に貢献し地域包括ケアシステムを充実致します。

理事長

理事長/竹島 徹

社会医療法人 若竹会

社会福祉法人 若竹会

つくばセントラル病院 名誉院長

病院長

病院長/岩﨑 信明

社会医療法人 若竹会

土浦リハビリテーション病院 介護医療院

お知らせ

【開院のお知らせ】2022年11月1日 土浦リハビリテーション病院 介護医療院 開院致します。
【外来診療】外来診療は11月7日より開始致します。
【外来担当医表】12月の外来担当医表

施設概要

介護医療院 96床

介護医療院 96床

住まいと生活を医療が支える新たなモデルとして創設されています。「利用者様の尊厳を保持」、「自立支援」、「地域に貢献し、地域に開かれた交流施設」を担えるよう専門的な支援を積極的に行います。在宅の扱いとなりますので、急性期病棟、地域包括ケア病棟、回復期リハビリテーション病棟などからの転入も容易です。

回復期リハビリテーション病棟 34床

回復期リハビリテーション病棟 34床

脳血管疾患または大腿骨頚部骨折などの病気で急性期を脱しても、まだ医学的・社会的・心理的なサポートが必要な患者さんに対して、多くの専門職種がチームを組んで集中的なリハビリテーションを実施し、心身ともに回復した状態で自宅や社会へ戻っていただくことを目的とした病棟です。

地域包括ケア病床 8床

地域包括ケア病床 8床

急性期治療を経過し病状が安定した患者さんに対して、引き続き治療やリハビリを行い、安心して退院していただくことを目的とした、在宅への復帰支援を行うための病床です。急性期病院からだけでなく自宅や介護施設からの入院もお受けします。

外来診療

外来診療

★11月7日より外来診療を開始致します。
・診療内容:内科、泌尿器科、小児神経科、リハビリテーション科、整形外科
・休診:日曜祝日
外来担当医表(12月)

人工透析 透析装置 30台

人工透析 透析装置 30台

★診療時間 9:00~15:00
・休診:日曜日(祝祭日も透析治療を行っております)
・治療内容:血液透析(HD)、血液透析ろ過(HDF)、オンライン血液透析ろ過(on line HDF)、吸着式潰瘍治療法(LDL・フィブリノーゲン吸着:レオカーナ)

アクセス

【JR】常磐線土浦駅西口より関東鉄道 バスにて 『真鍋新町中央』 下車 徒歩3分
【駐車場】完備 社会医療法人 若竹会
土浦リハビリテーション病院 介護医療院
所在地:土浦市真鍋新町11-7(介護老人保健施設 セントラル土浦隣 旧土浦協同病院救急センター跡地)
問い合わせ先:TEL:029-875-7888 FAX:029-875-7771
       医療介護相談センター ☎029-846-7272(直通)