一般撮影

一般撮影検査とは

X線(レントゲンとも言います)を用いた写真撮影を行います。X線には物質を透過する性質とフィルムに感光する性質があるので、体内を通り抜けたX線が体内の内部の情報をフィルムに焼きつけ、X線写真となります。一般撮影はCTやMRIなどに比べて撮影時間も短く、救急時などに全体像をすばやく知る必要がある時にも、非常に重要な検査です。

 

主な検査

胸腹部撮影

主に、肺や腹部(臓器)の状態を確認するために撮影を行います。

 

骨撮影

主に、背骨や四肢の骨を確認するために撮影を行います。
また、骨の状態だけではなく、周辺の軟部組織を確認するためにも撮影を行うことがあります。

 

撮影を受けるにあたって

金属(ネックレス・ピアス・ヘアピン・指輪・ブレスレット・時計など)やプラスチック・湿布・カイロなどは、写真に写るため、撮影部位にあわせて外すようにお願いしております。

 

検査着も用意しておりますので、必要な方はお申し出ください。

 

 妊娠またはその疑いがある方は、撮影前にお申し出ください。

 

その他ご不明な点は、撮影担当技師へお尋ねください。