透視撮影

透視撮影とは?

透視検査とは、X線透視撮影装置で行う検査です。X線透視撮影装置はX線テレビとも言われ、バリウムなどの造影剤を使用し、見えづらい体内の臓器の形態、機能などをリアルタイムの映像として観察することができます。

 

検査の種類・方法

検査の目的は多岐にわたり、バリウムを用いた胃・食道・大腸といった消化管の検査を中心に、ヨード造影剤を利用した胆嚢・胆管の検査や泌尿器系、婦人科系などの検査を行うことができます。

 

 

胃部・十二指腸透視検査(胃部造影)

 

バリウムを飲んで頂き食道・胃・十二指腸へバリウムを流し色々な方向から撮影します。
前日の準備は、胃の中に食べ物や飲み物が残っていては正しい検査ができませんので、検査前日の21時以降は絶食し、水、お茶等の飲食をしないでください。
血圧、心臓等のお薬の服用は医師の指示に従ってください。検査直前には胃の動きを一時的に抑える薬を筋肉注射します。

 

検査後はバリウムが残らない様に下剤をお渡ししますのでなるべく早く飲んで当日は水分を沢山取って下さい。

 

 

注腸検査(注腸造影)

 

バリウムを1.5cm位の管を使って直腸から注入し大腸全体に造影剤を流し、その後空気を入れ腸を膨らませ体の方向を変えながら撮影していきます。
大腸の中に便が残っていては正しい検査ができません。
前日の準備は注腸検査予約表に従って行って下さい。
お薬などを服用している方は医師の指示に従ってください。
何日か白い便が出ますが心配ありません。検査直前には腸の動きを一時的に抑える薬を筋肉注射します。
検査後は、多めに水分を取って頂ければ便秘の心配はありませんが便秘がちな方には下剤をお渡ししています。

 

 

その他の特殊検査

 

ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)

内視鏡を使い十二指腸乳頭から細い管(カテーテル)を総胆管内に挿入し、造影剤を注入し、胆管・胆嚢・膵管などを造影します。胆石、総胆管結石、胆管がん、胆道がん、膵臓がん、慢性膵炎等を診断することができます。病変があった時は切除したり狭くなっている部分にステントと言われる金属で出来た網目状の物やチューブを入れて拡げたりします。

 

脱臼の整復

脱臼した部分を透視画面で確認しながら整復していきます。

 

脊髄腔造影

脊髄腔に造影剤を流し形態など観察をします。