CT

茨城県内初となる、最新鋭CT装置を導入いたしました!
「Philips社製 IQon spectral CT(アイコン スペクトラルCT)」
2018年2月26日(月)稼働開始

放射線科

特長

・世界初の2層検出器を搭載し、いつでも精度の高いスペクトラル解析が可能。

 

新たな機能紹介

・造影剤量の大幅低減検査が可能。[従来の半分〜1/4量でも同等の画像取得可能]
・物質弁別(実効原子番号)情報のカラーマップ取得が可能。
・造影コントラストを向上させて画像表示可能。
・ヨード(造影剤)の密度評価が可能。
・金属アーチファクト低減機能搭載。
・X線管球の高速回転(0.27sec)により動きに強い。[心臓検査の対応拡大]

 

参考画像(他施設症例)

@腹部 造影剤を通常の1/4に減量した画像
放射線科
A心臓(冠動脈) 造影剤量9ml
放射線科
B腎結石 物質弁別(実効原子番号解析)
放射線科
C肝臓 コントラスト向上・物質弁別
放射線科
D腸管 コントラスト向上
放射線科
E腹部 造影剤減量+コントラスト向上
放射線科
F肺血流評価 ヨード造影剤強調像等
放射線科
G腰椎 金属アーチファクト低減
放射線科

 

(画像はPHILIPS社より提供)

CT (Computed Tomography)検査とは

X線を利用して、物体を透過したX線の量をデータとして集めて、コンピュータで処理することによって、物体の断面画像を得る検査です。現在多くの施設で実用化されている装置はマルチスライスCTと呼ばれ、短時間で広範囲を撮影することができ、立体的な画像(3D画像)を容易にできるようになりました。また、造影剤を使用する検査により、血管や各臓器の血液の流れを調べることができ、より多くの情報を得ることができます。

 

CT検査室からのお願い

当院のCT検査は予約制ですが、緊急検査の有無、混雑状況、患者様毎の検査状況により、予約時間通りに検査ができない場合があります。予約時間を守るように努めておりますが、開始時間が遅れる場合もありますので、ご了承ください。当日予約外CTについては予約患者様の合間にて検査を行いますのでお待たせする時間が長くなる事があります。

 

CT検査前の飲食・排尿について

飲食

排尿

腹部単純CT撮影

午前検査⇒朝食を摂らないでください。
午後検査⇒朝7時以降、食事を摂らないようにお願いします。

水分(水・お茶)の制限はありません。検査当日は水分を多めにとるようにしてください。

腎臓・前立腺・膀胱に関して撮影される 患者様は、1時間前から排尿されないようにお願いします。
それ以外の部位を検査される患者様は、制限はありません。

単純CT撮影 (腹部以外)

制限はありません。 制限はありません。

造影CT検査

(全例)

午前検査⇒朝食を摂らないでください。
午後検査⇒朝7時以降、食事を摂らないようにお願いします。

水分(水・お茶)の制限はありません。検査当日は水分を多めにとるようにしてください。

腎臓・前立腺・膀胱に関して撮影される 患者様は、1時間前から排尿されないようにお願いします。
それ以外の部位を検査される患者様は、制限はありません。

 

 

CT検査の注意事項

下記に該当する方は、事前に担当医師、または検査室に問い合わせください。検査を行えない場合があります。
・ICD(植込み型除細動器)を使用している方
・妊婦または妊娠の可能性のある方
・閉所恐怖症の方

 

造影CT検査について

注意事項

造影CT検査については、下記に該当する方も事前に申し出てください。造影剤を使えない場合があります。
 ・以前に造影剤を用いた検査で副作用(気分不快、蕁麻疹など)を経験した方
 ・喘息の方
 ・アレルギー体質の方
 ・糖尿病治療のための飲み薬を服用している方
 ・授乳中の方

 

検査の流れ

1.検査前準備

金属は検査のさまたげになる場合がありますので金属のついた服、下着、アクセサリー、電子機器等をはずしていただきます。また、検査着に着替えていただくこともあります。

2.検査中

1回の撮影時間は検査内容で異なりますが、単純検査で5〜10分、造影検査で10〜30分程度です。
@ 検査台に仰向けで寝て頂きます。撮影部位によっては両手を頭の上にした体制で検査をさせて頂きます。
A 検査台が上がり機械の中へ入っていきます。
B 撮影が始まると撮影する部位により息を止める合図が入ります。(単純撮影は何度か撮影を行って終わりになります。)
C 造影検査では検査のはじめに注射をします。
D 注射したところから造影剤を静脈を通して入れていきます。(身体が急に熱くなりますが正常な反応です。ただ、気分が悪くなったり、かゆみを感じることがありましたら、すぐにスタッフに声をかけてください。担当医師が適切な処置が行えるように待機しておりますのでご安心ください。)
E 撮影が終わりましたらスタッフが検査台を下げます。下がりきったら降りて頂き検査終了となります。

 

造影検査後について

・検査後、十分な水分をお取り下さい。
・入浴や食事等、日常生活に特に制限はありません。その他の検査などによる制限に従ってください。
・現在授乳中の方は、造影検査後48時間の授乳をお控え下さい。
・帰宅されてから、気分が悪くなったり、かゆみを生じるなど異変が起きる場合があります。また、時間が経ってから(数時間〜数日中)副作用の症状が出る場合もありますので、気になることがありましたら当院にご連絡ください。夜間帯も対応しております。
(つくばセントラル病院:029-872-1771)